キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 弁護士が求人難になる時代 : 大沢紀輝の弁護士求人ナビ

弁護士が求人難になる時代

SITE MENU

大沢紀輝の弁護士求人ナビ

大沢紀輝の弁護士求人ナビメイン画像

司法試験に合格したら、弁護士なんじゃないの?と思ってしまうけれど、弁護士として登録しない人も増えている

弁護士が求人難になる時代

弁護士の求人というと、ちょっと不思議な感じを覚えます。

というのも、弁護士は一般的に、司法試験に合格すると弁護士なわけで、一般のサラリーマンのように、どこかの企業に就職するわけではなく、アソシエイトとして弁護士事務所に参加するというようなイメージがあるからかもしれません。

一方、弁護士の求人という言葉には、弁護士としての資格を取ったものの、弁護士として仕事をしない人の存在があり、そういった人が求人を求めているという現状があることが暗に揶揄されている言葉でもあります。

弁護士は求人難の時代になっているのです。

つまり、弁護士資格を取った人は、独立採算性の事務所に就職して、最初の何年間かは赤字の状態でも、弁護士として世のため、人のために働く、いわゆる即独弁護士になりたくない人が多いということです。

一方、花形弁護士として海外のロースクールを出て、弁護士をスタートすると同時に、数千万円の年収があるというタイプの弁護士さんもいます。

一方地方では、弁護士のニーズはあるものの、実数が少ないため、仕事自体はあるというケースも多く、そうした地方で活躍する弁護士さんは、それほど多額の報酬は望めないことが多いとも言われています。

弁護士を目指す人は、司法試験合格までにかかる時間やコスト、その後、自分の職歴や学歴で望めるサラリーや待遇を天秤にかけるという現実的な計算が必要になってきていて、司法試験にパスしても、弁護士登録をしない人というのも増加傾向にあるといわれています。

大沢紀輝の弁護士求人ナビ Copyright www.smakband.com.All Rights Reserved.