キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 弁護士の求人、傾向と現実 : 大沢紀輝の弁護士求人ナビ

弁護士の求人、傾向と現実

SITE MENU

大沢紀輝の弁護士求人ナビ

大沢紀輝の弁護士求人ナビメイン画像

海外法、M&A、金融に不動産、知財や商標といった専門性が高い弁護士に、求人が集中する傾向

弁護士の求人、傾向と現実

弁護士の求人活動、一部の成功者を除くと、なかなか厳しいものがありますよね。

国家資格を取っていても、誰もが希望する職場に就職できるとは限らないのは、弁護士も他の職業も変わらないのかもしれません。

弁護士として評価が高く、就活にそれほど苦労をしない立場の人は、若いうちに司法試験に合格して弁護士になった人や、転職組で前職が金融系、もしくは海外のエリートロースクールを出た人が中心です。

弁護士事務所の求人があって、仕事をスタートしたものの、あまりの激務に転職を考えてしまうという弁護士さんも少なくありません。

弁護士の転職は一般職の転職とは違い、キャリアアップが望める業種ではあります。

一方、古い感覚の弁護士ではなく、M&Aや海外進出する企業のための、現地法を理解できる国際法務対応ができる弁護士、金融や不動産に明るい専門の弁護士、コンプライアンスなどを担当できる弁護士、知財や商標に明るい弁護士と、弁護士の能力が問われる時代にもなっています。

単純に司法試験に合格するだけでも、合格人数を減らす傾向にある中で難しくなっているというのに、海外での経験なども重視されるようになってきているのが、日本の弁護士の求人の現状です。

大沢紀輝の弁護士求人ナビ Copyright www.smakband.com.All Rights Reserved.